トピアリーの制作・イベント企画・ディスプレイ展示での地域活性

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

お客様の声

販売の面から生産現場に必要なこと、自分たちでは気付かない富山産球根の良さをとてもわかりやすく伝えて頂きました

販売の面から生産現場に必要なこと、自分たちでは気付かない富山産球根の良さをとてもわかりやすく伝えて頂きました。
また、なかなか他の花卉業界の方と親交を深める機会がなく、トピアリーという違った分野から球根産業にも通じる事象もとても参考になりました。
お話以上に、宮崎さんの気さくなお人柄がなによりも魅力だと思います。
(富山県花卉球根農業協同組合 業務部 島田史織様)

社団法人園芸文化協会の公式ブログに紹介していただきました。

「東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー2010」講演

公益財団法人園芸文化協会事務局長丹羽理恵様からコメントをいただきました。
トピアリーの普及に奮闘されている麗しきトピアリー職人、宮崎雅代さん。講演ではトピアリーの歴史や魅力をわかりやすく軽快にお話しされた後、見事な手さばきも披露されていました。作品も魅力的ですが、職人、そして女性としての宮崎雅代さんもとても魅力的で素敵な女性です。これからの活躍に期待しております。

市民講座に参加した方から嬉しいお便りをいただきました。

モザイカルチャー市民講座(5回コース)講師を担当させていただきました。

モザイカルチャー市民カレッジ受講生からいただいたお手紙の一部を紹介させていただきます。
浜松モザイカルチャー制作講座では宮崎先生の笑顔と親しみやすい会話でとても楽しく受講させていただきました。バイオリン・グランドピアノ・ハーブの3回では物足らず、もっと宮崎先生と過ごす時間がほしかったです。今では庭の一角に動物たちの野外コンサート場を設け、動物たちを移動してコーラス隊を作ったり見学席を設けたりして楽しんでいます。
「花と緑のまち浜松」そして来年は「モザイカルチャー世界博」私なりにモザイカルチャーと花の庭、緑の庭に加えて楽しんでいます。あまり可愛かったので、ハイポーズ!!でカメラに収めてみました。そしたら思いの外可愛らしい光景!宮崎先生にも楽しんでいただこうかな~と同封しました。
(受講生 小粥るり子様)

記念写真でいつも賑わった「愛・地球博」モリゾー・キッコロ

「愛・地球博」モリゾー・キッコロのトピアリーを制作

設置場所が冷凍マンモスのいるグローバルハウスの前だったために、モリゾー・キッコロトピアリーの周辺は記念写真を撮る人たちでいつも賑わっていました。その様子をご覧になった大手スポンサー会長様が、「なぜ我が社のハイビジョンの前にモリコロトピアリーを設置しなかった。移転しなさい。」とおっしゃったとか、おっしゃらなかった、とか。

ガーデンウェディングの主役、新婦さまに喜んでいただきました。

日比谷公園でトピアリーガーデンウェディング開催

ガーデンウェディングに憧れて楽しみにしていた新婦様。普段足を踏み入れない第二花壇の芝生を独り占めできると思っていました。ところが最終的な打合せで、なにやら解らないモノ(トピアリーのことです)が展示されるという説明を受けて思わず涙ぐんでしまわれました。
ご担当の方々が丁寧に説明を繰り返し、事前確認していただいた時には可愛いトピアリー達に大喜びしていただきました。

素敵な感謝状をいただきました。

イタリアからトピアリーアーティスト招聘【日比谷公園ガーデニングショー2003】

実行委員会から感謝状をいただきました。
日比谷公園100周年を記念して開催したガーデニングショーですが、トピアリーで会場を盛りたてる事ができありがとうございました。

記念写真を撮るフォトスポット

観光イベントを盛り上げる紫陽花のトピアリー<佐賀県唐津市相知町>

記念写真を撮るフォトスポットとしてカタツムリのトピアリーの周辺は賑わっています。
観光客の方から「なぜカタツムリのトピアリーなの?」とよく質問されますが、「あくせくしないでゆっくりといこうよ」なんて答えています。
作ってから今年で10年になりますが、ペンキを塗り替えたりして毎年使っています。
(唐津市観光協会長 都市右太雄様)

園内大賑わいのイベントになりました

日本初のトピアリーコンテスト「第1回日本トピアリー大賞」企画・運営

これほど沢山のトピアリーを集めたイベントは今まで観た事がありませんでした。
持ち帰れる大きさのミニトピアリー作品は、購入希望のお問い合わせを多数いただきました。
トピアリー制作体験教室も毎週末開催されて園内は大賑わい!従来開催している菊展示などのイベントも相乗効果で大変盛り上がりました。















未来へ(次世代へ)思いをつなげたい

うつくしま未来博 福島県産米のPR展示

次世代へ思いをつなげたい、ですね

PAGE

トップに戻る