トピアリーの制作・イベント企画・ディスプレイ展示での地域活性

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

お客様の声

手入れが大変かな、と敬遠していたトピアリーも気楽に取り入れる事ができました。

音大生専用マンションのエントランスにトピアリー設置(有限会社大昇様)

ご依頼主様からのコメントです。
購入した時のまま置いてあったオリーブ達が急に元気になりました。
手入れが大変かな、と敬遠していたトピアリーも灌水不要なものをご提案いただき気楽に取り入れる事ができました。

「お客様の声」を沢山いただきました。

企業ロゴマークトピアリー(受付用)制作

一度見たお客様はいつまでもこのロゴトピアリーが記憶に残っているようです。初めて来社されて緊張されている方でも、話題の種となりその後の会話がスムーズに運び価値ある時間を持てます。
可愛らしく、生き生きと温かく立体的な、しかも魂の入ったロゴマークトピアリーを受付に置きました。今日も心からお客様をお迎えしています。
ロゴマークとは会社の顔・象徴です。
我が社の顔『ロゴマークトピアリー』、ありがとう。心から感謝いたします。
(塾長 高良高様)

ビジネス空間にやはりグリーンがあるのは良いですね。しかもロゴマークになっていて親しみが湧きます。
お客様からも、
 「これ、水あげるんですか?」
 「どうやって作るんですか?」
といった何気ない質問を頂いたりして、自然と会話も柔らかくなります。
とっても素敵なオブジェです。
(代表取締役社長 斉藤貴之様)

緑の看板が受付の電話サイドでお出迎えしてくれるので、来社頂くお客様も思わず、にっこりとなり、心が和むようです。
弊社の場合は、会社のロゴマークトピアリーをお願いしたのですが、
思わず、なんだろう??と気に留まるようで、来客頂くお客様から「あのマークはなんですか?」と質問されることもしばしば。
玄関のマスコットになっています。
(宮城加代子様)

毎朝出社すると、一番にこのロゴマークトピアリーが迎えてくれます。
我が社の顔となり、受付エントランスでお客様だけではなく社員もあたたかく迎えてくれていて、それだけでパワーをもらっています。
一日のスタートを清新な気持ちで始められ、社員のモチベーションアップにも役立っているのではないでしょうか。
(佐々木絵里様)

いつも講座に参加してくださる「トピアリーを生活にいかしている受講生」と「プロの庭師さん」からコメントいただきました。

金網フレーム植え込み教室 講師依頼をいただきました

受講生からのコメントです
「トピアリーインストラクター講座中級在籍中に、こちらの講習会に参加する機会がありました。
動物などの形がすでにできている金網フレームに、ツゲの木などを誘引するという、一見簡単そうな作業の中に、大事なポイントやコツがあり、実地で学べて良かったです。特に、筋肉の流れを意識して誘引すること、命を吹き込む作業であるということが大事だと宮崎先生より教わりました。
おまけ講習の、お手入れを待っているスペシャルなトピアリー達の補修にも立ち会えて、勉強になりました。年月をかけて変わっていくトピアリーですので、即席ではできない貴重な実技でした。
受講後、イルカのフレームを分けていただいて、家でツゲの木に誘引しました。駐車場に置いたところ、近所の子供たちに人気なので、公募で名前を募集しました。たくさんの応募の中から「サニーちゃん」と決まり、ご近所のアイドルになっています。
インストラクター受講生(主婦) 井上晴子様


 「おもしろい庭づくり、花壇づくり、プランターづくり」を目標としている私には、トピアリーは欠かせない園芸ツールです。そのトピアリー作成において、今回の講座は「いかに活き活きと魅せるか。」に非常に役立ちました。いつも宮崎先生のトピアリーの講義で、「こんなにおもしろいでしょ!!!」と伝わってくるバイタリティーを会うたびに楽しく感じています。「トピアリーに命を吹き込むというのは、作り手のエネルギーを吹き込むことだなぁ。」と勝手に先生を見て思い込んでいましたが、実はちゃんとテクニックもあったのですね(笑)。
 金網と言うフレームに植物を押し込めると、動きは止まってしまいます。フレームからはみ出しても植物の成長を促す誘引をすれば、トピアリーに生命力が生まれてきました。
植物の成長が予想できないと、トピアリー作りは難しい点があります。それが今回、過去に作成されたトピアリー達をお手入する補修の方法で、植物の成長後の姿を見ることができました。トピアリー作りの失敗を恐れないことへの挑戦意欲とトピアリーをより活き活きとさせる可能性を教えてくれました。 我が家の補修されたトピアリーたちも5月の新緑の季節に、活き活きとしてくるのが楽しみです!
KMM~クマさんのマチにミドリを~
 代表 大熊真一郎様


現場のみなさんと「100」

メッセージモニュメント「セレブレーション100」<屋久島センバスビレッジ>

気づきのメッセージモニュメント「セレブレーション100」の制作にあたり、宮崎様には豊富なご経験から、様々な要望に丁寧なご返答と専門家らしいご指摘を下さいました。
フレーム設置、植栽指導の際には、弊社植栽スタッフと一緒になって楽しそうに作業をされているのが印象的でした。
この植物モニュメントは100年先もビレッジのシンボルとして静かに存在感を放ってくれることでしょう。
その後も、宮崎様にはトピア リーに限らず、ハーブやそのほかの植物についても色々と相談にのっていただいております。
(屋久島センバスビレッジ様)

販売の面から生産現場に必要なこと、自分たちでは気付かない富山産球根の良さをとてもわかりやすく伝えて頂きました

販売の面から生産現場に必要なこと、自分たちでは気付かない富山産球根の良さをとてもわかりやすく伝えて頂きました。
また、なかなか他の花卉業界の方と親交を深める機会がなく、トピアリーという違った分野から球根産業にも通じる事象もとても参考になりました。
お話以上に、宮崎さんの気さくなお人柄がなによりも魅力だと思います。
(富山県花卉球根農業協同組合 業務部 島田史織様)

毎日天使のトピアリーに声をかけています

さいたま新都心駅に天使のトピアリー登場

2012年7月にメンテナンスをしていると、「いつもありがとう」と幼稚園から帰るちびっこに声をかけていただきました。天使のトピアリーが「さいたま新都心駅」の安心・安全を見守ってくれているようです。毎日見てくれて、こちらこそありがとう!

社団法人園芸文化協会の公式ブログに紹介していただきました。

「東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー2010」講演

公益財団法人園芸文化協会事務局長丹羽理恵様からコメントをいただきました。
トピアリーの普及に奮闘されている麗しきトピアリー職人、宮崎雅代さん。講演ではトピアリーの歴史や魅力をわかりやすく軽快にお話しされた後、見事な手さばきも披露されていました。作品も魅力的ですが、職人、そして女性としての宮崎雅代さんもとても魅力的で素敵な女性です。これからの活躍に期待しております。

市民講座に参加した方から嬉しいお便りをいただきました。

モザイカルチャー市民講座(5回コース)講師を担当させていただきました。

モザイカルチャー市民カレッジ受講生からいただいたお手紙の一部を紹介させていただきます。
浜松モザイカルチャー制作講座では宮崎先生の笑顔と親しみやすい会話でとても楽しく受講させていただきました。バイオリン・グランドピアノ・ハーブの3回では物足らず、もっと宮崎先生と過ごす時間がほしかったです。今では庭の一角に動物たちの野外コンサート場を設け、動物たちを移動してコーラス隊を作ったり見学席を設けたりして楽しんでいます。
「花と緑のまち浜松」そして来年は「モザイカルチャー世界博」私なりにモザイカルチャーと花の庭、緑の庭に加えて楽しんでいます。あまり可愛かったので、ハイポーズ!!でカメラに収めてみました。そしたら思いの外可愛らしい光景!宮崎先生にも楽しんでいただこうかな~と同封しました。
(受講生 小粥るり子様)

記念写真でいつも賑わった「愛・地球博」モリゾー・キッコロ

「愛・地球博」モリゾー・キッコロのトピアリーを制作

設置場所が冷凍マンモスのいるグローバルハウスの前だったために、モリゾー・キッコロトピアリーの周辺は記念写真を撮る人たちでいつも賑わっていました。その様子をご覧になった大手スポンサー会長様が、「なぜ我が社のハイビジョンの前にモリコロトピアリーを設置しなかった。移転しなさい。」とおっしゃったとか、おっしゃらなかった、とか。

ガーデンウェディングの主役、新婦さまに喜んでいただきました。

日比谷公園でトピアリーガーデンウェディング開催

ガーデンウェディングに憧れて楽しみにしていた新婦様。普段足を踏み入れない第二花壇の芝生を独り占めできると思っていました。ところが最終的な打合せで、なにやら解らないモノ(トピアリーのことです)が展示されるという説明を受けて思わず涙ぐんでしまわれました。
ご担当の方々が丁寧に説明を繰り返し、事前確認していただいた時には可愛いトピアリー達に大喜びしていただきました。

PAGE

トップに戻る