トピアリーの制作・イベント企画・ディスプレイ展示での地域活性

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

トピアリー制作【ネバーランドインターナショナル】

コラム

モントリオールで開催中のモザイカルチャー(植物造形・植物アート)を紹介します

2013カナダ/625_植物園入口.jpg

「LAND OF HOPE」をテーマに趣向を凝らしたモザイカルチャー世界博(植物造形・植物アート)が2003年から10年ぶりにカナダ・モントリオールに帰ってきました。2000年ミレニアムを記念してモントリオールで初めて行われたのち、3年ごとに開催されています。2006年にはアジア初が上海市、2009年は日本初が浜松市、と2回続けてアジアで開催されたモザイカルチャー。4年の準備期間を経てモントリオールに帰ってきました。北米のパリといわれるモントリオールでモザイカルチャー(植物造形・植物アート)がどのように表現されるのか。とても楽しみです。

2013カナダ/626_広報Ms.Ethier.jpg

はじめに広報担当のSuzanneさんのお話を伺い、会場のモントリオール植物園へ入ります。ここには27000人ものボランティアが活動していて、ボランティアに対する意識の高さを感じます。

2013カナダ/628_ハチ公.jpg

モザイカルチャーはCity to Cityを合言葉に世界各地の自治体と交流し、出展要請しているのですが、唯一出展していないのにその名を会場に知らしめている自治体がありました。渋谷区です。MIMの代表Lise Cormterさんが「忠犬ハチ公」の大ファンでハチ公のモザイカルチャー設置を熱望し実現した事だとか。

2013カナダ/627_時刻表.jpg

時刻表、時計など展示も凝っています

2013カナダ/629_線路.jpg

ヘリクリサムとアルテルナンテラで線路を表現。敷石まで植物にしないところが上手い!

2013カナダ/630_フォトスポット.jpg

フォトスポット。観るだけの展示から参加する展示へ。こんな演出が自然に取り入れられているのが植物アート・モザイカルチャーの国際イベントです。2000年6月の開幕式に参加した時からモザイカルチャーのとりこになっている宮崎です。

トップに戻る